pickup
【ディグリー・ネーム】ギタリストはコード進行を相対的に捉えるべし!?
スポンサーリンク

コード進行をなぜか!?

ローマ数字で表しているのを見かけたことはありませんか?

SHIN
『えっ?ない!?』

このローマ数字はディグリー・ネームと言い、コードを相対的に捉えることができる超便利な表記方法なんです♪( ´θ`)ノ

例えばディグリー・ネームの意味が分かっていると、サビはⅡm→Ⅴ→Ⅰ→Ⅵmでいくから!』(キー=Cの場合)

と言われたら、どんなコード進行かすぐに分かっちゃうわけです(ΦωΦ)フフフ・・

逆に理解していないと、どんなコード進行かわからず、ミュージシャン同士のコミュニケーションに支障が出るので、この記事でバッチリ理解しちゃいましょうw

それでは開始〜_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

ディグリーネームは度数を表している!?

これはCメジャースケールですが注目すべきは度数という部分です✅

ドを出発点と考えた場合、2番目にあるのは?

D(レ)ですよね!?

じゃあ3番目は?

そう、E(ミ)ですね💪🤩

このようにキーの最初の音からそれぞれの音がどのくらい離れているか?

という音楽的な距離感のことを度数と呼びます。

また音楽的な距離感を表すために『Dであれば2度、Eであれば3度』

みたいに○度という言い方をします(ΦωΦ)フフフ・・

そして!!!

この度数をローマ数字で表しているのが

ディグリー・ネーム

なんです〆(・∀・@)

スポンサーリンク

C(メジャー)ダイアトニック・コードでディグリー・ネームをチェック!

Cメジャー・スケールを基にCのダイアトニック・コード作り、ディグリー・ネームを割り当てるとこうなります(ΦωΦ)フフフ・・

それでは冒頭で書いた例をもう一度思い出してみましょう✅

サビはⅡm→Ⅴ→Ⅰ→Ⅵmでいくから!』

今ならこのコード進行が分かるハズです(ΦωΦ)フフフ・・

つまりサビは

Dm→G→C→Am

というコード進行になります💡

もちろんダイアトニック・コードのどの位置にm (マイナー)が付くかは別に覚える必要はありますが、ディグリー・ネームを理解することでCキーだけでなく、さまざまなキーのコード進行をディグリー・ネームから導き出すことが可能になります💪🤩

スポンサーリンク

他のキーに変わっても楽勝!?

(五線譜でキーを表すための#は省いてます)

今度はAダイアトニック・コードですが、ディグリー・ネーム自体はCダイアトニックコードと全く同じです♪( ´θ`)ノ

つまり!!!

キー=Aで『サビはⅡm→Ⅴ→Ⅰ→Ⅵmでいくから!』

と言われた場合は

Bm→E→A→F#m

というコード進行が導き出せちゃいます(ΦωΦ)フフフ・・

このようにディグリー・ネームを理解できていれば、キーが変わった場合でもすぐに対応できるため楽勝モードでコード・進行を導き出せるので非常に便利かつ実用的な音楽理論の1つと言えるでしょう〆(・∀・@)

マイナーキーのダイアトニック・コードとディグリー・ネーム

それではマイナー・キーの場合ですね💡

ここでもダイアトニック・コードの作り方やmや(♭5)がつく位置を把握する必要がありますが、そこさえ分かれば楽勝です✅

例えばAマイナーキーで『Ⅰm→♭Ⅵ→Ⅳm→♭Ⅶで弾いて!』と言われた場合は

Am→F→Dm→G

というコード進行になります!

では『このコード進行のまま、そっくりCmでやって!』と言われたらどうなるでしょう?(ΦωΦ)フフフ・・

Cmダイアトニック・コード

Cマイナーにした場合は

Cm→A♭→Fm→B♭

になります♪( ´θ`)ノ

というようにダイアトニック・コードを理解している場合は、ディグリー・ネームの意味がすぐに理解できたと思います✅

逆にダイアトニック・コードを理解してないと『???』となっていることでしょうw

これはディグリー・ネームに限らず、全ての音楽理論に言えることで、まずはダイアトニック・コードを理解することが超重要で、これを省くと永遠に音楽理論を理解することはできません_:(´ཀ`」 ∠):

そのため、多くの音楽理論書では前半部分に必ず『ダイアトニック・コード』についての解説がされているわけです(⊙_⊙')

もし、この記事を見ている方でダイアトニック・コードについて詳しく知りたい方は↓の記事で紹介しているので必ずチェックしましょうw

それでは今回はここまで_φ( ̄ー ̄ )

その他の音楽理論関連記事

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
コード
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事