pickup
【ギター】ジョイントを含むスウィープ攻略法!重要なのは指に...
DIYギター組み立てKIT
ギターは買う時代から作る時代! 世界に1つだけのオリジナルギターが作れる『DIY GUITAR KIT』は 初心者でもクオリティの高いギターが製作できちゃいます!
 
 
【ギター買取本舗】

専門店だから実現できる高価買取!

さらに!!!

出張料・査定料・手数料が完全無料で即日から対応できる最速の出張買取!

 
 
イケベ楽器店公式通販サイト

日本最大級の楽器通販サイト!

  • 圧倒的な品揃えだから お探しの限定商品も手に入っちゃいます(ΦωΦ)フフフ・・
 
 
 
スポンサーリンク

スウィープではジョイントを使用して弾くフレーズもたびたび登場するため、非常に使用頻度が高いのですが、

『ジョイントを含むスウィープが苦手』

という方もいると思います🥺

特にスウィープを練習し始めたばかりの初心者は苦戦するハズです( ゚д゚)

そこで今回はジョイントを含むスウィープを攻略するために必要なポイントを紹介したいと思います(ΦωΦ)フフフ・・

このポイントを無視して練習すると!?

『いつまで経ってもクリアに弾けない』

ので、しっかり覚えていってくださいな♪( ´θ`)ノ

それでは開始〜!!

スポンサーリンク

そもそもジョイントって何!?

ジョイントとは一本指をウェーブさせるようにして複数の弦を弾き分けるテクニックで、スウィープ以外にもペンタトニックを使用したソロなどでもよく使用されるロックギターの基本テクニックの1つです(ΦωΦ)フフフ・・

上のフレーズの場合は、枠内部分がジョイントを使用する部分となっています_φ( ̄ー ̄ )

(枠内は異弦同フレットと呼ばれます)

スポンサーリンク

ジョイントのやり方

人差し指でジョイントをする場合かつ1弦押弦時を例に見ていきましょう👀

人差し指の第2関節付近で1弦を押弦し、2、3弦は触れた状態にして余弦ミュートします。

2弦を押弦する場合は第一関節を使って指先が平行(まっすぐ)になるようにします✅

こうすることで2弦だけを押弦しつつ、1弦と3弦を余弦ミュートすることができます。

そして3弦を押弦する場合は人差し指を反らせるようにして、2、1弦を余弦ミュート、さらに人差し指の先で4弦を余弦ミュートします(ΦωΦ)フフフ・・

このようにジョイントは非常に細かく指を動かすので、最初はかなり苦戦すると思いますw

が!!!

しっかり余弦ミュートを行いつつ、指をウェーブさせて弦を弾き分けれるようになると、ノイズレスなスウィープが可能になるので、鬼練習したりましょう💪🤩

スポンサーリンク

指にリズムを宿すことでジョイントを含むスウィープを攻略できる!

解説動画

というわけでジョイント部分でリズムを感じながら弦を弾き分けるというのが最大の攻略法となっています💪🤩

ジョイント部分を適当にやってしまうと、リズムが走る・モタる、ブラッシング音混じりの汚い音になりがちです( ゚д゚)

なので、リズムを意識して指にリズムを宿した状態で指をウェーブさせて弾くことで、クリアなスウィープができるわけです(ΦωΦ)フフフ・・

ジョイントでリズムを意識するための練習フレーズ!

まずは8分音符で練習したりましょう💪🤩

8分のタイミングで指をウェーブさせる』ことに全集中して練習し、さらに音が途切れないように綺麗につなげるということも意識して練習すると良いでしょう✅

また人差し指だけでなく!?

  • 中指
  • 薬指
  • 小指

でも練習することであらゆる指でジョイントができるようになります(ΦωΦ)フフフ・・

先ほどの使い回しですがw

3連符のリズムをしっかり指に宿して、クリアに弦を弾き分けれるように練習ですね!

あと何気にプリング時にリズムが走りやすいので、そこにも気をつけて練習してみてください_φ( ̄ー ̄ )

スウィープを16分で弾くフレーズですが、このフレーズは薬指のジョイントが出てきます✅

薬指であっても16分音符を感じて、16分のタイミングで指をウェーブさせれるように修行しちゃいましょう💪🤩

薬指のジョイントの後、すぐに人差し指でのジョイントが出てくるため、リズムが曖昧になったり、音が途切れやすい(もしくはブラッシング音混じりに)ので、最初はゆっくりで良いのでクリアに弾くことを意識して練習してみてください〆(・∀・@)

ジョイントができるようになるための指トレを紹介!

『ジョイントはリズムを意識して弾き分ける』ことが超重要です。

が!!!

第一関節が全然動かない(泣)』

という場合はスムーズにジョイントができないんですよ🥺

なので、第一関節が動くようになる指トレを紹介しときますね!

まず、鍛えたい指を画像のように親指で支えます。

そして↓

画像のように第一関節を返らせ、再び指を真っ直ぐにし、また返らせる...

というのを繰り返します✅

慣れてくるとかなり速くできるようになり、そうなればジョイントが楽々決めれるようになっているハズなので、ぜひお試しあれ(ΦωΦ)フフフ・・

ジョイント時にフィンガリングとピッキングを合わせるには!?

これはジョイント時だけでなく、シングル・ノート(単音)を弾く場合全てに共通していることで、

『フィンガリングとピッキングのタイミングは常に同時に行う』

ということです!

そして、速弾きやその他の単音プレイの時にフィンガリング&ピッキングのタイミングが合わないという場合の原因は『押弦してからピッキング』もしくは『ピッキングにフィンガリングを合わせようとしている』

ことが挙げられます👀

押弦してからピッキングすると、タイミングがズレるばかりか、リズムもズレまくり、さらにブラッシング音混じりの汚い音になるので、ロクなことがないんですよw

またピッキングに合わせるという意識で弾けないことはないですが、初心者や発展途上の段階でやると上手くいかないことが多いので、これもオススメはしませんね( ゚д゚)

フィンガリングとピッキングを同時に行うことで、タイミングがバッチリ合い、さらにリズムもタイトに出せるので良いこと尽くめです♪( ´θ`)ノ

これはジョイント時も同じで指をウェーブさせるタイミングでピッキングすることで、スウィープであっても正確なリズムかつフィンガリング&ピッキングをシンクロさせることが可能になります✅

なので『フィンガリングとピッキングを同時に行う』

という意識で練習することで単音プレイ全般が爆発的に上手くなるわけです_φ( ̄ー ̄ )

THE POCKET
THE POCKETは10年以上にわたってオンラインギターレッスンを行ってきた実績を持つ音楽教室で オンライン上でも非常に分かりやすいレッスンを提供してくれます(ΦωΦ)フフフ・・

スウィープ関連記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事