pickup
【音楽理論】サークル・オブ・フィフスが超便利な件について!
スポンサーリンク

いきなりですがこの画像をみて瞬時にキーが分かりますか?

分かる方はこの記事を読む必要はありませんので

時間を無駄にしないために立ち去って下さいw

クラシックやジャズなどをやっている方からすれば

なんてことはないでしょうけど

我々ロックギタリストには『???』となりますよね?
(俺だけかな?w)

譜面に書かれている#や♭を調号と呼び

この調号でキーが判別できるわけです(#や♭の数で)

普段あまり弾いてないキーや

キーについて理解してないと

瞬時にキーを割り出せないと思います
(⊙_⊙')

しか〜し!!!

今回紹介する『サークルオブフィフス』と呼ばれる図を見れば

調号だけでキーが割り出せるようになりますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

キーを割り出す以外にも

平行調などの音楽理論を理解する場合にも非常に便利

もはやカンニングレベルの図なので

サークル・オブ・フィフスを知らないという方は覚えていって下さいな〆(・∀・@)

スポンサーリンク

サークルオブフィフスの使い方について!

これがサークルオブフィフスです🤩

やんちゃな人がよく身に付けているブレスレットみたいですが

これは相当便利なんですw

サークルオブフィフスの使い方ですが

『外側がメジャーキー』『内側がマイナーキー』になっています✅

ではまずサークルオブフィフスの見かたについて書きます〆(・∀・@)



Cから時計回りに見るとC、G、D,,,となっていますよね?

Cから見るとGは5度の関係になります🤩

そしてGとDですが、これも5度関係になります!

つまり時計回りに5度ずつ音が表記されているのですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

もし5度関係が分からない人はパワーコードで薬指もしくは

小指で押さえている音という認識でOK
です!

(CのパワーコードはC+G /GのパワーコードならGとDが構成音になっている)

逆にCから反時計回りに進むと4度ずつ進むことになります✅

(C→F→B♭のように)

この法則はマイナーキーでも同じです!

Am→Em→Bm...(時計回り)は5度ずつ。

Am→Dm→Gm...(反時計回り)は4度ずつ。


ここの項目では、ここだけ理解できればOK!

  • 時計回りは5度ずつ表記されている
  • 反時計回りは4度ずつ表記されている
  • マイナーの場合も同じ
  •     

スポンサーリンク

サークルフィフスで調号を割り出す方法!

キーがCもしくはAmは#も♭も付きませんw

つまり0です🤩

なので0であるCもしくはAmからスタートしますよ~!

Cから時計回りに1個進む毎に#が増えていきます。

キーがGの場合#は1つ、Dは#2つ、Aは#3つになります👀

Amからスタートした場合も同じで

Emは#1つ、Bmは#2つ、F#は#3つ
ですね!

CもしくはAmから時計回りに1個ずつ#が増えると覚えましょう🤘

♭の場合は反時計回り🤩

♭の場合はCもしくはAmから反時計回りに1個ずつ♭がついていきます!

Fは♭1個、B♭は♭2個、E♭は♭3となる訳です🌝

再び登場しましたねw

しかしサークルオブフィフスを理解できた今なら

これが何のキーか分かりますよね?




答えはD♭もしくはB♭mですね🤩

♭が5個なのでCもしくはAmから反時計に進むと

フラットが5個つくのはD♭とB♭mなので💡

サークルフィフスが理解できれば

各キーで#や♭がいくつ付くのか一瞬で分かりますね〆(・∀・@)

スポンサーリンク

サークルオブフィフスで平行調が丸わかり?!

サークルオブフィフスには調合以外にも色々な使い方があります

それぞれのメジャーコードに隣接するマイナーコードは

平行調という関係になっていて

CとAmは平行調の関係になります〆(・∀・@)

隣のGならEmと平行調の関係になるのですが

平行調とは何か?

平行調・・・メジャーキーとマイナーキーで構成音が全く同じ関係性のこと

CとAmは構成音が全く同じで

中心音が違うというだけ
なんです☝️

中心音はキーがCならCでAmならAmが中心音になります。

(そのまんまですがw)

スケールでマイナースケールがありますが

マイナースケールは正式には『ナチュラル・マイナー・スケール』

と呼ばれるのですが

Cメジャースケール(ドレミファソラシドね!)の中に

自然発生的に存在していたスケールなので


ナチュラルマイナー(自然短音階)という名前になってます🤩

平行調の関係が分かると作曲にも役立ちますし

スケールを学ぶ際にも必要なので覚えておくと良いですよ!

裏コードも丸わかり?!

ジャズなどのリハモ(リハーモナイズ)で

裏コードは使用されることが多い
のですが

リハモとはシンプルなコード進行を細分化したりすること

簡単に言えばコード進行のアレンジですね!

例えばDm7→G7→C△7というコード進行をリハモすると

Dm7→D♭7→C△7というコード進行が作れます(⊙_⊙')

『なんでD♭7になんのよ?』

このD♭7はG7の『裏コード』になります。

リハモ前のDm7→G7→C△7はツーファイブワンと言われる

ジャズの王道的なコード進行なのですが

裏コードでなぜD♭7になるかを簡単に説明すると

『G7の構成音はG B D F 』

『D♭7はD♭F A♭B』で

G7とD♭7で共通の2音(BとF)これがトライトーンという関係で

このトライトーンを共有出来るので裏コードとして使えます✅

などと言う理論は面白くないと思うのでw

サークル・オブ・フィフスで簡単に裏コードを見つけちゃおう!w

Gの対角線上にD♭がありますよね?

このように対角線上には裏コードが存在するんです🤩

なのでトライトーンを共有するとか知らなくても

簡単に裏コードが分かるんです!w

確認のためにD7の裏コードを探してみましょう!

D7の対角線上にはA♭がありますよね?

なのでD7の裏コードはA♭7になります🌝


サークル・オブ・フィフスなら裏コードも簡単に分かります〆(・∀・@)

最後に

サークル・オブ・フィフスは

図で簡単に色々な情報を得ることができて

曲のアナライズする場合にも調合を見ただけで

曲のキーが分かれば使用されているスケールやコードの理解が速いので

ぜひ活用して欲しいと思います💡

ネットで『サークル・オブ・フィフス』と検索したらこの図は出てくるので

スマホやPCに保存していつでも見れるようにしたら便利だと思います🤘

ではまた〆(・∀・@)

レビュー記事

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク
BIAS FX2 Professional

手で触れられるかのように生々しい、アンプ/エフェクト・モデリングを実現するギター/ベース・ソフトウェア、BIAS FX 。他のBIASシリーズで作成した多彩なモデルを統合可能なプラットフォーム、世界中のプレイヤーにより数千ものトーンにアクセスできるToneCloud、現実のアンプを取り込むAmpMatchテクノロジーにより、BIAS FXは他に類を見ない、ギターソフトウェアの未来を歩んできました。すでにオンリーワンであるこのプラットフォームに、アップデートされたBIAS FX 2はさらに新しい4つの変革をもたらします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事