pickup
【ギター】立って弾くと弾けなくなる?!原因と改善方法!
スポンサーリンク

立って弾くと座って弾いている時に比べて

弾きにくいと感じたり

全く弾けなくなるという悩みを持っている方は

多いのではないでしょうか?
(⊙_⊙')

これは座って弾いている時のフォームや姿勢やギターの構え方が

関係していますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

今回は立って弾く為に必要な意識やフォームや

なぜ立って弾くと弾けなくなるのかを解説していきます!

これを読めば、必ず立って弾けるようになるでしょう🤩

スポンサーリンク

立って弾くと弾けなくなる原因とは!?

立って弾くと弾けなくなる原因はいくつかありますが

まず最初に挙げる原因は

座って弾く時の指板の見え方と立って弾く時の指板の見え方が変わっている

ので弾きにくいと感じるんです(⊙_⊙')

具体的にはギターを傾けて構えてしまったり

指板を覗き込むようにして弾いてしまうと


立って弾いた時に指板の見え方が変わ

弾きにくく感じるということデス✅〆(・∀・@)具体的にはギターを傾けて構えてしまったり

指板を覗き込むようにして弾いてしまうと


立って弾いた時に指板の見え方が変わ

弾きにくく感じるということデス✅


このようにボディを少し傾けると指板が見えやすくなるのですが...

この指板の見え方が問題なんです(⊙_⊙')

このように構えれば6〜1弦まで見えるので

弾きやすいかも知れませんが

立って弾いた時の指板の見え方は...

立って弾く時はこのような見え方になり

ボディを傾けた時とは全然見え方が違いますよね?w

このように指板の見え方が変わるので

フレット感覚や弦感覚が変わってしまい

その結果立って弾くと弾けなくなってしまう
んです(⊙_⊙')

スポンサーリンク

座って弾く時も、立って弾く時と同じ指板の見え方にする!

改善策として座って弾く時も立って弾く時と

同じ指板の見え方になるように構える
ようにします✅

座って弾く時はボディを傾けずに

立って弾く時と同じ見え方になるように構えて


ネックの上に打たれているドット(ポジションマーク)を

ガイドにしてポジション移動をするように
しますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

このように立って弾く時ネックの見え方を同じにすることで立って弾く時の違和感や弾きにくさは改善されます〆(・∀・@)

座って弾く時に、指板を覗き込むような姿勢はダメ☠️

このように指板を覗き込むのは

弾ける弾けない以前に身体を壊す
のでやめましょうw

覗きこむと当然、指板の見え方も変わりますし

見た目も素人感満載になるのでこのような姿勢はダメ、ゼッタイ。


スポンサーリンク

立って弾く時のギターの位置について!

僕はギターを立って弾く時は

低めが好きなんですよね🤩

僕はXのhideに憧れてギターを始めたので(hideさんは低い位置で構えてます)

低いと見た目はカッコイイのですが

やはり演奏能力は下がってしまう
んですよね💦

なので立って弾くことに慣れていなかったり

上手く出来ない場合は

座った時と同じぐらいの高さになるように

ストラップで調整して慣らした方が良い
と思います(⊙_⊙')

そして立って弾くことに慣れてきたら

自分の弾きたい位置に徐々に下げていくのが良い
でしょう❗️

最初から極端に低く構えると

本来できることまで

出来なくなったりするのでw

立って弾く時のフィンガリング&ピッキング(低い位置)

立った状態でのワイドストレッチw

立って弾く時のフィンガリングとピッキングについてですが

低い位置の場合フィンガリングは座って弾く時に比べて

指が開きにくくなります
(⊙_⊙')

なので低い位置でのテクニカルなプレイを目指すなら

低い位置で構えた場合でも

指が開くように身体面の強化を余分にする必要があります
ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

ピッキングに関しては

肘が少し伸びる感じになるんですが

肘が伸びるとエルボーカットに(ボディの肘を置く部分の名称)

肘を置く位置も変わります。

肘が伸びると肘を振った時のスナップが効きにくくなるので

コンパクトな動きで行えるピッキングが向いている

と個人的には思っています🤩

立って弾くに指板を見えやすくする方法を紹介!

最初にギターを傾けては練習すると

立った時に指板の見え方が変わると書きましたよね🤩

つまり立って弾く時は指板の全貌が見えないということなんですw

ただ立って弾く時にあまりにも複雑なフレーズや

ミスれないフレーズの時は指板を見た方が

成功する可能性は高いw

立った時に指板を見やすくする為には

ギターではなく『身体を少し後ろに傾ける』と見えやすくなります!(のけ反る感じ )

身体を後ろに傾けた時の指板の見え方です👀

ちょっとしたことですがこれだけでもかなり見えやすくなるので

ミスはかなり減ると思います🤩

そして指板を覗き込んでいる訳ではないので

見た目もクールなまま演奏可能
ですね🤘

普段の練習で立って弾く練習をする!

普段の練習でずっとじゃなくて良いので

立って練習する時間を設けましょう

これが立って弾けるようになる為の

最も近道のような気がしますねw

もちろん立って弾けるということも大事ですが

できれば大きな鏡などで自分がどのように写っているのか

チェックしましょうw

鏡を見て『猫背になってないか』とか

ギターの位置の確認などを同時に行うことで

立って弾いた時にカッコよく見える弾き方

姿勢、フォームなどの手がかりになると思いますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

家に大きな鏡がない場合は

スタジオに行くと大きな鏡があるのでスタジオでチェックできます🤩

ロックでは、見た目も非常に大事ですからねw



レビュー記事

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク
DIYギターキット専門店

初心者でもギターがプラモ感覚で作れるDIYギターキット専門店なら
本格的なレコーディングやライブに使える
世界に1本のオリジナルギターが作れます♪( ´θ`)ノ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事