pickup
【ギター】フォーム矯正する時に悪い癖を取るには!?
スポンサーリンク

あるレベルからなかなか上達しない場合は自分のフォームに疑問を持ち、改善するために

『フォーム矯正』

を行います。

が!!!

フォーム矯正は思いのほか苦戦するんですよw

なぜなら少しでも気を抜くとすぐに悪い癖が出てしまうから(゚-゚;)

僕は数年間、ギターを独学で練習してから専門学校に入学したんですが、まぁ苦労しましたねw

そこで今回は『フォーム矯正をする時にどうやれば悪い癖を取り除いて新たなフォームを身につけることができるのか?』

これにフォーカスして書いていくので現在、フォーム矯正に苦戦している方は必見の記事となるはずw

それでは早速見ていきましょう_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

悪い癖を取り除く方法とは?

フォーム矯正は数年間ギターを弾いてきた中級者ギタリストが『今のままじゃダメだ!『俺(私)はもっと上のレベルを目指すんだ〜』

今までのフォームの限界を感じて矯正を決意すると思いますw

しかし、問題は数年間ギターを弾いていることで『悪いフォームが染み付いて』おり、なかなか新しいフォームが身につかない...

ここで多くの中級者は苦戦するわけですよw

例えば『ピックを握る時に力む癖』があり、新たにピックを軽く握ってピッキングする

という新しいピッキングフォームを習得するとしましょう✅

この時、少しでも気を抜くとすぐに”ピックを強く握って”しまいます。

なぜか?

それは『癖になっているから』です(⊙_⊙')

長い間、そのフォームでギターを弾いていると無意識にそのフォームが出てしまうので、これがフォーム矯正を阻む最大の要因といえます。

それではどうすれば良いのよ?

それは『新たなフォームを上書きして新しい癖にする』ことでフォーム矯正を成功させることができるんです♪( ´θ`)ノ


新たなフォームを上書きする方法!

新たなフォームを上書きするにはとにかく意識して集中して練習します。

先ほどのピックの握り方で言えば『ピックを軽く握る』ということに意識を持っていき何度も何度も繰り返して練習するんです👀

この練習は正直キツいんですがこうしないと”無意識状態”になるとすぐに悪い癖が出てしまうので

『ピックは軽く握る』

『ピックは軽く握る』

『ピックは軽く握る』

と意識しまくりながら練習しますw

このように練習することで新たな癖として上書きされて『ピックを軽く握ってピッキングする』のが新たな癖になり、その結果、無意識で行えるようになるわけです♪( ´θ`)ノ

スポンサーリンク

フォーム矯正には視覚が役立つ!?

ピックを強く握ってしまう癖がある場合は親指と人差し指をガン見しながら練習しましょうw

こうすることで意識が行きやすくなるため『無意識状態になりにくくなります💡

そのため『ピックを軽く握る時間』が長くなり、癖として上書きされやすくなるという効果が期待できます!

なのでもしフィンガリングの矯正の場合は『フィンガリングをガン見』して全集中しながら上書きされるように練習するという感じですね_φ( ̄ー ̄ )

スポンサーリンク

フォーム矯正期間は精神的にキツい!?

フォーム矯正期間は今まで出来ていたことが出来なくなることもあるので『精神的にキツい』んですw

しか〜し!!!

これは一時的新たなフォームを身につける(上達できるフォーム)ことで今まで以上のレベルアップが期待できるので心配無用ですw

注意すべきは弾けなくなったからといって『前のフォームで弾かないように』しましょう(⊙_⊙')

これをやってしまうと『結局、どっちのフォームが身につけたいの?』と脳が処理しきれなくなります。

すると新たなフォームが身につかなくなってしまうので、キツいかもですが『新たなフォームを身につける』ことに集中することを強くおすすめします✅

フォーム矯正はどのくらい時間がかかるの?

これは人によって千差万別ですが僕は4年ぐらいかかりましたねw

僕の場合はフィンガリング&ピッキングフォームを大きく変えたこと『ピッキングを極限までコンパクトにして速弾きできるようにしたい』ということも関係していると思いますがとにかく苦労しました(*´Д`*)

しかし、この記事で紹介した

  • 意識し続けて練習
  • 改善したい部分をガン見

を取り入れてからフォーム改善が上手くいったのは事実です🤩

それまでは『早く弾けるフォームを身につけたい』というのが焦りになり、以前の悪い癖が頻繁に出ていたのでこれが良くなかったですねw

なので悪い癖が出ないように意識することが超重要であるといえます!


イメージトレーニングを取り入れる!

『新たなフォームを習得してスラスラ弾いている自分をイメージする』

というようなイメージトレーニングを取り入れることもフォーム矯正には有効です♪( ´θ`)ノ

例えば現実ではまだ習得できていないとしても!?

イメージ上では理想の自分の姿を想像して良いんです✅

こうすることで徐々にイメージ上の自分に現実の自分が追いついてきます!

またイメージトレーニングは起床時・寝る前など、リラックス状態に行うことでより効果を発揮します。

これは所謂、”潜在意識”の話になるのですが自分の願望を潜在意識に引き渡す場合、リラックス状態で行うのが好ましく、このような願望をイメージすることを視覚化(ヴィジュアライズ)と言い、アスリートや実業家で成功している人たちはもれなくこのイメトレを行なっています。

そして、これはギター上達にも非常に使えるのでぜひお試しください🤩

もし潜在意識に興味がある方は↓の記事で詳しく書いているのでチェックしてみてください_φ( ̄ー ̄ )

新たなフォームは本当に上達するフォーム!?

ここまでは新たなフォームを習得する方法について紹介してきましたが1つ重要なことがあります。

それは『新たに身につけるフォームは本当に上達するフォームなのか?』

ということなんです(⊙_⊙')

僕の場合は冒頭で書いたように専門学校に入学したのですが、入学した理由はその学校に教えて貰いたい先生がいたからなんです🤩

その先生のプレイを初めて見た時の衝撃は今でも忘れませんねw

そして僕はその先生に教えて貰ったフィンガリング&ピッキングフォームを新たなフォームとして上書きしたのですが、このフォームを身につけたら上達できることを確信していました

だからフォーム矯正に数年かかっても諦めなかったんです。

しか〜し!!!

もし自分で『これが正解かな?』と思ったフォームが上達できないものだったら...

完全に爆死しますよね?w

なのでフォーム矯正する場合は

確実に上達するフォーム

でなければならないんです!!!

確実に上達するフォームと確信して練習することで上達を疑うことなく練習を継続できるので精神的にも良いんですよw

そして上達するフィンガリング&ピッキングフォームを知りたい場合は『習う』ことをおすすめします💡

専門学校の時にポール・ギルバートが来校した時にポールは『僕は今でも先生にギターを習っているんだ』

と言っていました(⊙_⊙')

ロックギタリストとして最高峰の技術を持つポールですが専門ではないジャズやフュージョンのギターレッスンを受けていることに当時、驚きましたね👀

しかし、その方が効率良く技術を習得できるので、『上達するフォームを知りたい』という場合はギターのレッスンを受けるという選択もありです_φ( ̄ー ̄ )

おすすめのオンラインギター教室『THE POCKET』

THE POCKETオンラインレッスン特化のギター教室でコロナ禍になる遥か前からオンラインレッスンに取り組んでいる老舗の教室です✅

そのためオンラインレッスンであっても講師の『フィンガリングやピッキングフォーム』を細かく確認することができるため『フォーム矯正』を考えている方・悩んでいる方には激おすすめのオンラインギター教室です♪( ´θ`)ノ

THE POCKETがおすすめな理由!
 
  • オンラインギターレッスンに特化している(10年の歴史がある)
 
  • そのため他の教室よりもオンラインレッスンのクオリティが高い
 
  • 全国から選りすぐりの講師が在籍している
   

特に講師のレベルが高いので『上達するためのフィンガリング・ピッキングフォーム』を知ることができます🤩

ギターは技術・感覚を一度身につければ生涯を通して失うことはない財産となります✅

またその後、壁が出てきた時でも正しいフォームを習得していれば、自分でアナライズ(分析)することができるので自分の力で壁を壊すことができ、さらなるレベルへと到達することが可能になるので『フォーム矯正』のためにTHE POCKETでレッスンを受ける価値は大いにあります!

レッスンを受けるために必要なもの!

オンラインレッスンは

  • PC
  • タブレット
  • スマホ


のいずれかのデバイスがあれば受けることができ、SkypeかZoomをインストールすればOKです♪( ´θ`)ノ

画面が大きい方がフォームなどが見やすいのでPCかタブレットで受講することをオススメします〆(・∀・@)

画像:THE POCKET公式サイトより

THE POCKETはオンラインに特化しているため『低価格でのレッスンを可能』にしているため、非常にリーズナブルな料金でレッスンを受けることが可能です✅

また25分の無料体験レッスンを受けることができるので『自分に合っているかどうか』を事前に知ることができるので、ぜひ利用してみてください_φ( ̄ー ̄ )

まとめ

『フォーム矯正』は一度ついた悪い癖を取り除くために『新たな癖』を上書きするので時間を要しますが、意識し続けて練習することで必ず成功させることが出来ます。

新しい癖が上書きされることで『無意識』に正しいフォームで演奏することができるので根気強くやっていきましょう!

苦しい期間を乗り越えたら『ロックの神様』がご褒美をくれるのでそれまで頑張りましょう💪🤩

それではまた_φ( ̄ー ̄ )

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事