pickup
【ギター】速弾きからのチョーキングをスムーズに決めるには!?
スポンサーリンク
トロールくん
速弾きの最後にチョーキングで終わるみたいなのがあるじゃん?
オイラあれが全然スムーズにできないのよ😭

SHIN
いわゆる着地失敗というやつねw
どれだけ速く弾こうが
最後のチョーキングが上手くいかないと
全て台無しになるからねw

トロールくん
だよね〜😭
最後のチョーキングが上手くいかないから
スゲー下手に聴こえちゃうんだよw
だからコツを教えれ!!!

SHIN
教えれってw
まぁ悩んでいるようだから別にいいけど🤘
ただし!!!
結構難しいから気合入れて練習するように💪🤩

トロールくん
生まれた時から気合の塊じゃい💪🤩💪
それでは早速オネシャス🤘

SHIN
よろしい🤩
それでは参ろう!
特訓開始じゃ〜い!!!

スポンサーリンク

速弾きの後のチョーキングが上手くいかない原因とは!?

それでは改善策の前に”なぜ上手くいかないのか?”

についてみていきましょう🤩

  • 速弾きとチョーキングのどちらも一定のレベルに到達していない
  • 速弾きに意識が行き過ぎてチョーキングに入る動作が遅れている
  • 瞬間的にチョーキングフォームが作れない

この3つの原因が考えられます(⊙_⊙')

それぞれの原因をもう少し深掘りしていきましょう👀

速弾きとチョーキングのどちらも一定のレベルに到達していない

この場合は両方のテクニックが共に習得できていないので

単純に上手くつげられない
という感じですねw

なのである程度のレベルになるように

それぞれじっくり練習する必要があります🤘

速弾きに意識が行き過ぎてチョーキングに入る動作が遅れている

これは速弾きに意識の全てが行った状態で演奏しているので

速弾きが終わってからチョーキングを意識しているので

チョーキングの動作が遅れてしまい結果ピッチが悪かったり

ミスにつながる
という感じですね(⊙_⊙')

瞬間的にチョーキングフォームが作れない

これは最初と2番目の原因をミックスしたような原因ですがw

速弾きした直後限定でチョーキングが

上手くできないケースと思ってください✅

速弾きのあとに瞬時にチョーキングのフォームが作れないことで

リズムやピッチがズレてしまうのがこのケース
ですね👀

以上のようなことが原因となって

速弾きからチョーキングに

上手く着地ができないと考えられます〆(・∀・@)

スポンサーリンク

速弾きからチョーキングまでを1つの塊として捉える!

それでは速弾きとチョーキングをスムーズに行うための

ポイントについてここから解説していきますねᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

まず重要なのは『速弾き〜チョーキング』までを1つの塊として

捉えることが超重要
なのです🤩

もっと簡単に言えばセットとして捉えるんです💡

セットで捉えることで速弾き〜チョーキングへつなげるための

エネルギーを止めずに済む
んですよ✅

(今回の記事はエネルギーがポイントですw)

速弾きが終わった後にチョーキングという意識だと

速弾きとチョーキング間で一瞬意識が薄くなってしまい

その意識の薄れがチョーキングのミスにつながってしまう
んです👀

ココはなかなか文章だと伝わりにくいので

動画にて解説しちゃいますねᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

それではVTRをご覧くださいw

という感じでエネルギーをチョーキングまで止めないというのが

ココの項目でのポイントになります🤩

スポンサーリンク

速弾き直後、すぐにチョーキングをかけるにはどうすれば良いのか!?

ココからは技術的な改善策やポイント

身体の使い方について解説したいと思います


スムーズにチョーキングをかけるので

瞬間的にチョーキングのフォームを作る必要がありますよね💡

こちらの画像はチョーキングをかける直前のフォームなのですが

親指に注目してみてください👀

親指を浅くネックにかけていますよね?

この親指が超重要なのです✅

チョーキングをかける瞬間に

すぐに親指をネックに深くかけることで

チョーキングフォームが完成するので

瞬間的にチョーキングをかけることが可能になります🤩

これが速弾き〜チョーキングに移行するための

動きですねᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

ただ最初はかなり難しいと思うので

ネックを瞬間的に握り込む動きを

しつこいぐらい練習して身体に覚えさせる必要
がありますw

速弾きとチョーキングを繰り返す場合のコツは!

続いては速弾き→チョーキング→速弾き→チョーキング...

みたいな場合についてみていきましょう👀

この場合においてもポイントは

『エネルギーを止めない』ということですw

それでは再びVTRでチェックしてみましょう🎥

つまりポジション移動する勢いのまま

チョーキングをかける
という感じですね🤩

ポジション移動のエネルギーを止めずに

そのままチョーキングをかけるというイメージ


練習すると良いでしょうᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

クラシック・フォームからのチョーキングの場合!

指を大きく広げるようなストレッチフレーズでは

握り込むロック式では対応ができない
ので

クラシック・フォームで弾かなければならない

シチュエーションも多々あります(⊙_⊙')

それではクラシック・フォームから

チョーキングへ移行する場合はどうすれば良いのか?


現在では多弦ギタリストも増えて

クラシック・フォームのままチョーキングを

かけるギタリストも多くいますが

僕の場合はクラシック・フォームでは

いい感じにチョーキングができないので

クラシック・フォームとロック式の中間的な構え方の

ハーフ・フォームで対処
していますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

このハーフ・フォームに関しては別記事に詳しく書いているので

ココではサラッと紹介しますw

ハーフ・フォームの場合通常のクラシック・フォームに比べて

親指の位置を高く構えます


かと言ってロック式のように完全に握り込んではいないので

中間的なフォームでハーフ・フォームと

僕が勝手に呼んでいます
w

このように構えることでストレッチフレーズにも対応しつつ

親指の位置が高いのですぐにネックを握り込むことができるので

チョーキングに移行しやすいというメリット
があります🤩

しか〜し!!!

ハーフ・フォームにも弱点があります(⊙_⊙')

ハーフ・フォームは高音弦を弾く場合は有効なのですが

低音弦でこの構え方をすると指が広がりにくくなります🥶

そのため低音弦のストレッチの場合は完全な

クラシックフォームで演奏することになりますね✅

クラシックフォームからチョーキングする場合は

瞬間的にロック・フォームに切り替える必要があリます!

クラシック・フォームからロック式に瞬間的に切り替える方法!

クラシック・フォームの状態から手首を外側に返す

親指の位置が上がるのでロック式フォームに瞬間的に

切り替えることが可能
です🤩

逆にロック式の状態で手首を手前側に返す

クラシック・フォームに切り替えれる
ので

この動きを利用してチョーキングを行う感じですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

ココは超絶重要なので最後にVTRを確認!!!w

このような身体の使い方をすることで

瞬間的にフォームを切り替えることが可能
になりますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

この手首の返しはフォームの切り替えだけではなく

例えばコードチェンジやスウィープ、速弾きのポジション移動などにも

使える
のでぜひ色々と試していくと

新たなステージに到達できると思います〆(・∀・@)

まとめという名の茶番劇!

トロールくん
速弾きとチョーキングはセットと考えて
エネルギーを止めないことが重要ってことね👀

SHIN
その通り!
エネルギーを止めてはならんのだ🤩

トロールくん
でも練習したらイケそうな気がしてきた💪🤩
オイラ今まで完全にエネルギー止めてたからw

SHIN
よっしゃ!!!
これから超絶鬼特訓しちゃる🔥🤩🔥
ギターを持ってきなさい🤘

トロールくん
今からオイラA○鑑賞タイムだから😍
生命エネルギーを大量に発射するからまた✋

SHIN
俺も生命エネルギー放出するかな😍
フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク
BIAS AMP2 Elite

BIAS AMP2の最高グレードのEliteなら全ての機能が使用可能!
究極のアンプシュミレーターに君臨するBIAS AMP2をぜひ使い倒してください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事