pickup
【ギター】ファンキーなカッティングにチャレンジしちゃう!?
スポンサーリンク
トロールくん
最近オイラを除け者にしてただろ〜😭
差別だ!ヘイトだ〜!!!

SHIN
確かに最近登場させてなかったなw
ブログ的に最初の前書きを真面目にやった方が良いかなと思って😅

トロールくん
恨みはらさでおくべきか...恨みはらさでおくべきか...
しかも!!!
久々に登場できたと思えば『ファンキーなカッティング』だと!!!
ついに気が触れたのか😭

SHIN
俺は至って正常じゃ〜いw
ロックギタリストもファンキーなカッティングできた方が良いのよ🤩
チャレンジするだけで引き出しが増えて
いざという時に役立つから🔥

トロールくん
じゃあオイラの機嫌が直るような
ファンキーなカッティングを紹介しなさい🤩
はよ。はよ!!!

SHIN
よろしいw
それでは参ろう!
ファンキーなカッティングの特訓開始〜!!!

(この記事ではファンクのカッティング・フレーズを使ってロックのカッティングとの違いなども書いていきやす🤩

スポンサーリンク

ベーシックなカッティング・フレーズでウォーミングアップ!

使用しているコードはE7(9)オンリーです💡

譜面のバツ部分はブラッシングと言われるもので

指を弦に触れさせてミュートの状態にしてストロークすることで

パーカッシブな音を出すことができます🤩

カッティングではブラッシングを組み合わせて

フレーズが構築されていることがよくあるので覚えておいた方が良きです🤩

またこのフレーズではコードを鳴らす位置が全ての拍で変わるため

しっかり16分のリズムを感じていないと正確に弾くことができない
ので注意して弾きましょう〆(・∀・@)



スポンサーリンク

ファンク的カッティングとロック的カッティングの違いとは!?

ロックギタリストのカッティングは力強くガンガン弾くじゃないですか?(俺だけ?w)

あの感じで弾くとファンクのカッティングではニュアンスが出しにくいんです🥶

ファンク・ギタリストのカッティングってピッキングが超〜軽いので

普段ロック主体でギターを弾いている方はピッキングを軽くすることで

ファンク的なカッティングのニュアンスに近づける
と思います🤩



スポンサーリンク

ナイル・ロジャース風のカッティングに挑戦!

テンポ=120

ナイル・ロジャース風のカッティングなのですが

譜面通りに弾くとこのニュアンスが恐らく出ないですw

ロックの場合はバレーコード部分を全てピッキングするんですが

ファンクの場合は必ずしも全ての音をピッキングしていないんです👀

理由はバレーコードの高音弦側だけを弾くことで軽さが出るから

逆に低音弦も含めた全ての音を弾くともっさりした感じになり

ナイル・ロジャースっぽい軽さがでないんデス!

なのでバレーコードをアップピッキングで弾く時は

高音弦を中心に鳴らす意識でやると雰囲気が出しやすい
と思います〆(・∀・@)

(柔らかいピックで弾いた方がニュアンスが出しやすい)



こちらの動画内でナイル・ロジャースが自身のピッキングについて語っているので

興味がある方はぜひチェックしてみてください🤩

ファンク的3音カッティングに挑戦!

BPM=89

続いては3音カッティングですがロックの場合は3音が塊に聴こえるように

『スパッ』とスピーディーなピッキングをするのですが

ファンクの場合は音が多少音がバラけるぐらいの緩いピッキングの方が

雰囲気が出る
と思います👀

(この緩いピッキングで弾くのが超難しかった😭)

音がバラけることによって黒人のファンクギタリストが得意とする

リズムを後ろに持っていく独自の雰囲気が出るのですが

これが激ムズですw

ロックの感じでガシャガシャ弾くとまるでファンクぽさが出ず

また緩く弾くとモタって聴こえたりするので

フレーズの見た目以上に難しいと思いますねw

ファンクの単音カッティングでは必ずしもオルタネイトピッキングしない!?

テンポ=112

ロックの場合このようなフレーズを弾く時は

オルタネイトピッキングで弾きますが

ファンクの場合は必ずしも全てをオルタネイトで弾く訳ではないようですw

このフレーズでは部分的に変則的なピッキングになっているのですが

ファンクではダウンピッキングよりもアップピッキングが中心にあるような感じで

アップで弾くことでより軽いピッキングを実現しているようです👀

また空ピッキングも必ずしも行っておらず

身体の中心でリズムを取りピッキング・パターンも臨機応変に変えているイメージ。

なのでこのフレーズもオルタネイトに拘らずに

自由なピッキングパターンで弾いてみると面白い
と思います〆(・∀・@)

アルマッケイ風のカッティングに挑戦!

テンポ=110

アース・ウィンド&ファイアーの『September』風のカッティングです🤩

アルマッケイはカッティングの名手として有名で

カッティング練習を2時間休むことなく

大汗をかきながらやっていた
という話を聞いたことがありますw

このフレーズは2パートに分かれていますが

片方はコードでのカッティングでもう片方は単音でカッティングして絡ませています💡

アルマッケイのピッキングは結構ガツガツしたピッキングをしているように見えますが

実際は非常に軽いタッチで温かみのあるサウンドなので

このフレーズでもロック的なタッチではなくファンク的な緩い感じのピッキングで

カッティングするとぽくなると思います〆(・∀・@)

コードを押さえたままスライドでキメる!?

BPM=100

E7(9)一発のカッティング・フレーズで

肝となるのはコードを押さえた状態でのスライドですね👀

スライドで16分音符を正確に弾かないといけないので

慣れてないと最初は苦戦するかも!?

また細かい休符のオンパレードなので

何となくでは絶対に合わないですw

なので休符の時も常に16分を感じることが攻略のカギとなるでしょう🗝

またこのような細かい休符を感じることができれば

ロックの時の速弾きの精度も爆上がりするので

そういう意味でもチャレンジする価値はあります
〆(・∀・@)

ファンクのカッティング習得に役立つ教則本を紹介!

画像:アマゾン

今回書いた内容はこの教則本で得た知識なのですw

この教則本では『ロックギタリストのカッティングと

ファンクギタリストのカッティングは全くの別物!』


という内容になっていてファンクでのカッティングのやり方や

考え方がかなりマニアックに書かれていますw

この教則本をオススメしたい人は

僕と同じようなメタルとかロック一辺倒のギタリストですねw

僕も以前はカッティングが超絶不得意で

全然できなかったんですけど

やっぱりできないと悔しいじゃないですか?w

だから割とガチでできるようになりたいと思って

一時期カッティングの修行をしていたんですが

その時期に1番刺さったのが99%の人が弾けていない『本当のグルーヴ・カッティング』

今まで考えもしなかったカッティングセオリーにぶっ飛びましたw

今でも僕のカッティングスキルはそれほど高くはありませんが

自分の中ではかなり進化できたので僕と同じくカッティングが苦手なギタリストに

読んで貰いたい一冊です🤩

またこの教則本のレビュー記事も書いているので

チェックよろしくデス👇

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事