pickup
【ギター】クランチで速弾きができるようになる方法を紹介!
スポンサーリンク
今回の趣旨についての動画🤩

今回はいつもと趣向を変えて動画を一番最初に持って来ましたw

音が歪んでいる時は速弾きができるけど、クランチ・サウンドで弾くと全然弾けなくなる😭

この悩みを解決するためのフィンガリング&ピッキングの方法やポイントを紹介しちゃいます!

僕も専門学校時代にスタックアンプのクランチで速弾きをしてどれだけ恥をかいたことかwww

なぜクランチになるとこんなにも下手になるのか!?

研究に研究を重ねた結果いくつかのことを意識し練習することでクランチでの速弾きができるようになったのでその方法を全て紹介しますよ〜💪🤩

それでは早速始めましょう〆(・∀・@)




スポンサーリンク

クランチでの速弾き攻略①フィンガリング編


このフレーズを例に見てみましょう👀

クランチの場合は音が途切れ易く特に弦移動の瞬間に音が途切れることが多く、そうなると意図しない休符が入り音が繋がらなくなってしまうのです(⊙_⊙')



そしてピンクで囲っている部分が特に重要でココはまさに弦移動する部分です。

つまり!!!

ここで音の隙間ができやすいといえるのです🥶

ではどうすればここの部分で隙間なく綺麗に音を繋げることができるのか?

【解決法】弦移動前に押さえている指をギリギリまで離さないようにする!


この画像では例題フレーズの1小節目を例にしていますが『5弦5fを弾くギリギリまで6弦8fを押さえている小指を離さないようにする』のがクランチでの速弾きを綺麗に弾くための攻略ポイントとデス✅

クランチの場合はディストーションサウンドに比べてサスティーン(音の伸び)がないのでこのように繊細なフィンガリングを行わなければなりません👀

またディストーションサウンドの時も繋がっているように聴こえるだけで実際細かく聴くと音がつながっていないことが多々ある(というかほぼw)ので、このように弦移動前に押弦している指をギリギリまで押さえるという癖をつけることをオススメします〆(・∀・@)


またいきなり長い小節を弾くよりも、まずは1拍単位で繰り返し練習した方が効果的だと思います✅

1拍単位で練習してクリアに弾けるようになったら長い小節でもクリアに弾く練習にステップ・アップする方が良いでしょう🤩

フィンガリング自体でリズムを感じるようにするべし!

3連、16分、6連などのリズムをフィンガリングで感じさらにリズムを出す』ということを強く意識してみましょう🤩

このようにフィンガリング自体でリズムを感じるようにすれば、弦移動やポジション移動も上手くいくようになり、クランチでの速弾きをクリアかつ正確に行えるようになります🔥

逆にフィンガリングでリズムを意識していないと弦移動・ポジション移動のタイミング(速かったり・遅かったり)がズレてしまうので指にリズムを宿すことがクランチ攻略ポイントの1つとして挙げられるのです✅

フィンガリングでリズムを感じれるようになる練習法を紹介!

 

フィンガリングでリズムを感じれるようになる練習法

動画内では言い間違えてしまいましたがw

ノン・ピッキング・レガートと言われる奏法・テクニックでピッキングを一切せずにレガートを行うというものです👀

この練習をすることでリズムをフィンガリングに宿すことができるようになります🤩

ただし!!!

クランチでのノン・ピッキング・レガートはかなり難しく、最初は音がまともに出ないと思います👀

しかし、その分フィンガリングに負荷をかけることができるのでリズムを宿すと同時にフィンガリング強化も可能でレガートも上手くなる超効率的・効果的フィンガリング・トレーニングといえます💪🤩

特に音が出しにくいのが人差し指なので、最初はある程度勢いをつけて音を出し、慣れてきたら”徐々に指を上げる高さを低くしていく”という感じで練習すると良いと思います💡





スポンサーリンク

クランチでの速弾き攻略②ピッキング編

Marshall 1971 JMP50 "Model 1987" Super Lead
画像:デジマート

今でこそアンプ自体で激歪みのディストーションサウンドを作ることができますが、昔の古〜いマーシャルちゃんはそこまで歪まないわけですw

なので当時のギタリストたちはピッキングで音を歪ませていたんです👀

つまり!!!

クランチ攻略にはピッキングも非常に重要な要素となるのです🔥

言い方がちょっと悪いですが”生ぬるいピッキング”だと音が非常にショボくなってしまうのでここでは『ガッツのある音を出すためのピッキング方法』を紹介していきますね!



弦に対してピックを深く当てるべし!

このようにピックの先を少しだけ当ててピッキングすると音の輪郭のない”生ぬるいピッキング”になってしまいます🥶

(※音楽ジャンルや表現方法によってはこのようにピックを浅く当てた方が良い場合もあります)

激歪みサウンドならこれでもそれっぽく聴こえる場合もありますが、クランチ(特に大型アンプ)でこのような当て方をしてピッキングすると大事故が起きるので興味のある方は試してみてくださいw




僕は場合によってはこれよりもさらに深く当てる場合もあるんですが、このように弦に対してピックを深く当てることでクランチで輪郭のある太い音が出せるのデス!!!


ただし!!!

ピックを深く当てると弦に引っ掛かりやすくなるという問題があります🥶

この問題を解決するにはピックを振り抜くスピードが非常に重要になってきます✅

ピッキングの振り抜くスピードを上げる方法はこちらの記事で詳しく書いているので興味ある方はチェックしてみてください〆(・∀・@)

それではピックを浅く当てた場合と深く当てた場合の違いを動画で確認してみましょう🤩

解説動画

このように浅く当てた弱いピッキング深く当てて”バシバシ”とピッキングする場合ではサウンド面で大きく変わることが分かると思います✅


クランチでは正確無比なピッキング技術が求められる!?

クランチではピッキングが雑だとすぐにミスがバレてしまいますw

そのため正確無比なピッキング技術が必要となります✅

それではどのようなピッキング方法が良いのか?

僕がオススメするのはコード・ストロークをコンパクトにさせるピッキング方法で、この方法だとコードプレイ・リフ・速弾きなど幅広いプレイに対応しつつ正確に弾けるのです💡

もちろんピッキングには様々な方法・体の使い方が存在しますが中には一部の天才にしかできないようなピッキングも存在します。

しか〜し!!!

ここで紹介するピッキング方法は万人が習得可能なピッキング方法なのです🤩

コード・ストロークをコンパクトにしたピッキング方法!


まずはコード・ストロークで全弦をジャカジャカとピッキングします✅






コード・ストロークの感覚のまま徐々にピッキングするエリアを狭くしていきます




そして最終的にはコード・ストロークの感覚のまま1本弦でピッキングすることができれば完成〜💪🤩


このやり方が恐らく1番習得しやすいのでピッキングで悩んでいる方や精度を上げたい方は試してみてください💡

それでは動画でも確認してみましょう🎥


ピッキング方法についての解説

スポンサーリンク

クランチでの速弾き攻略③フィンガリング&ピッキングをシンクロさせる!

いわゆるフィンガリングとピッキングが合わない問題ですねw

フィンガリングとピッキングが合わない原因は押弦してからピッキングをしているからでこれを解決するにはフィンガリングとピッキングのタイミングを同時にすることです🤩

このようにフィンガリング&ピッキングすることでシンクロし、リズムも安定するので押弦してからピッキングしている方はこの方法をぜひ試してみてください!



クランチでの速弾き攻略④クランチで練習しまくる!



『普段の練習をクランチで練習する』というのがなんだかんだで1番効果的かもですw

まずはクランチサウンドに慣れることが重要で練習の中で上手く時と上手くいかない時を比較し研究することでクランチでの速弾きが必ず上達すると思います🤩

またクランチで弾けるようになるとサウンドチョイスの選択肢が増えるというメリットがあります💡

例えば、歪んだ音じゃないと弾けない場合、ハイゲインのセッティング1択になりますがクランチでも弾けるとなるとローゲインで攻めるという選択肢も可能になります

さらにクランチで弾けるようになると歪んだ音での速弾きのクオリティも当然上がるので良いこと尽くめなのです〆(・∀・@)




オススメのアンプシュミレーター『BIAS AMP2』


ご自宅にPCがありDTM環境が整っているならこのBIAS AMP2が超絶オススメです🤩

DTMで使用するアンプシュミレーターは数多くありますがBIAS AMP2は質感が本物のアンプに限りなく近いのでPCでギターを鳴らす場合でも実践的な練習が可能になります✅



BIAS AMP2/パワーアンプ設定画面

またBIAS AMP2はとことんアンプというものに拘り・追求できるアンシュミパワーアンプの真空管を変えたり、その他のマニアックな設定可能です✅

サウンドは非常に生々しいのでBIAS AMP2で作ったアンプでクランチに設定し練習すれば必ず上達するので興味ある方はぜひ1度使ってみてください♪(´ε` )

どハマりしますよw

BIAS AMP2は

  • Standard
  • Professional 
  •  Elite 

の3つのグレードがありStandardの場合はサウンドハウスで¥4,510(税込)(2021年7月11日現在)と非常に安く購入できます。

Standardでも十分使えるので『とりあえず試してみるか』という方はStandardから始めてみるのが良いでしょう🤩

またグレードが上がるほど多機能になるのである程度の機能を使いたい場合はProfessional 全ての機能を使いたいという場合は Elite をチョイスするという感じですね〆(・∀・@)

BIAS AMP2 Standard

BIAS AMP2 Professional

低価格でありながら超本格的なアンプ!?BLACKSTAR ( ブラックスター ) / DEBUT 15E

 BLACKSTAR ( ブラックスター ) / DEBUT 15E 15w


『アンシュミじゃなくてやっぱり本物のアンプで練習したい!』という方にオススメなのがBLACKSTAR ( ブラックスター ) / DEBUT 15Eです🤩

このDEBUT 15Eは『初心者に本格的なサウンドで練習して貰いたい』というコンセプトで開発されたアンプで1万円弱という低価格でありながら初心者〜上級者までどんなレベルのギタリストも満足できるクオリティに仕上がっています✅

さらにクランチでの速弾きを練習するのにもピッタリなので修行を兼ねて購入を検討されてみてはいかがでしょうか🔥


(僕が買った時は数ヶ月待ちでしたが現在サウンドハウスで在庫があるようです)


BLACKSTAR ( ブラックスター ) / DEBUT 15E 15Wギターアンプ

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク
BIAS FX2 Professional

手で触れられるかのように生々しい、アンプ/エフェクト・モデリングを実現するギター/ベース・ソフトウェア、BIAS FX 。他のBIASシリーズで作成した多彩なモデルを統合可能なプラットフォーム、世界中のプレイヤーにより数千ものトーンにアクセスできるToneCloud、現実のアンプを取り込むAmpMatchテクノロジーにより、BIAS FXは他に類を見ない、ギターソフトウェアの未来を歩んできました。すでにオンリーワンであるこのプラットフォームに、アップデートされたBIAS FX 2はさらに新しい4つの変革をもたらします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事