pickup
ギター講師になるなら上手いだけではダメ!?その理由とは?
スポンサーリンク

演奏技術や音楽理論に精通していればギター講師になれます。

が!!!

生徒からリピートされるギター講師になるには上手いだけではダメなんです(*´Д`*)

リピートされなければ、稼ぐことができないので、ギター講師1本で食っていくのが難しくなります_:(´ཀ`」 ∠):

そこでこの記事では元ギター講師のワイが演奏技術・音楽理論以外にも必要なギター講師のスキルやリピートされる講師の条件などを中心に書いていくので、これからギター講師を目指す(なりたい)方の参考になればと思います(ΦωΦ)フフフ・・

スポンサーリンク

なぜ上手いだけではダメなの!?

もちろんギター講師になるには演奏能力は必要で、上手いに越したことはありません。

実際に講師のデモンストレーション映像などを観て『この先生に習いたい🥺』と思う生徒もいます。

が!!!

それはあくまで講師選びのキッカケに過ぎないんですw

お金を払ってギターを習いに来る人の目的はただ1つで

『ギターが上手くなりたい』

ということで、この願望を叶えるのがギター講師の仕事となります(*´Д`*)

つまり、いくらギターが上手く弾けたとしても、生徒の願望を叶えられなければ『その生徒はレッスンに来なくなる』

ということになります✅

では

生徒にリピートされるギター講師になるにはどのようにレッスンすれば良いのか?

ここを見ていきましょう_φ( ̄ー ̄ )

リピートされるレッスン方法とは!?

まずは

『こんな教え方をするとリピートされないよ〜』

という例を紹介しますねw

悪いレッスンの例

生徒役・トロール
『小指でハンマリングする時に音が出ないんです🥺』

元ギター講師・SHIN
『あぁ〜!?ハンマリングの音が出ない?練習不足だよ!練習しろ!◯ね!!』

生徒役・トロール
『その練習の仕方が分からないから聞いてるんだよ💢2度と来るかボケ!!』

こんなギター講師がいたらリピートされないどころか、速攻でクビになりますがw

重要なのは『小指でのハンマリング時に音が出ない』という生徒の明確な悩みに対して

『練習』

の一言で片付けている点なんです(⊙_⊙')

ギターを習いに来る人の中には『何年も独学でギターを練習したが、全く上達しなかった

というタイプもいます。

そのような人に対して『練習しろ』だけで、明確な改善方法を提示しなければ

『独学と一緒』

で、その生徒は恐らくリピートしなくなるでしょう(*´Д`*)

では、このタイプの生徒にリピートされるには『どのようなレッスンをすれば良いのか?』

良いレッスンの例

生徒役・トロール
『小指でハンマリングする時に音が出ないんです🥺』

元ギター講師・SHIN
『小指でハンマリングする時は、指を叩きつけるスピードが大事で、 そのスピードが足りないから音が出ないんです🥺』

元ギター講師・SHIN
『そのスピードを上げるには指先を意識するのではなく、 指をアーチ状にして指の根本から動かすようにするとスピードを上げやすいんですよ!』

元ギター講師・SHIN
『また指の腹に比べて側面は硬くなっているため、 弦に指が食い込みにくく、音が出しやすくなります!』

元ギター講師・SHIN
『ただし、小指のコントロールは最初は難しいんですよ。 なので小指を鍛えれる指トレを教えるので日々の練習に取り入れてみてください💪🤩』

生徒役・トロール
『この先生しゅごい😭これならオイラも上手くなれる気がするから鬼リピ確定』

このように『なぜ、そのテクニックができないのか?』という理由を説明し、明確なポイント・コツを教え、さらに改善するための練習法を教えることで、生徒は『お金を払うに値する講師』と思うのでリピートされるようになるわけです♪( ´θ`)ノ


スポンサーリンク

生徒に成功体験させることでリピートされる!?

これは

  • ローコードが押さえられるようになった
  • ポジション移動ができるようになった
  • チョーキングができるようになった

などの

成功体験

を生徒が得ることで

『この先生のおかげで、上達できた』

と強く印象付けることが出来るため、鬼リピされやすくなります💡

また、早い段階で1つでも成功体験を得た生徒は、上達が早い傾向があり、これは『出来る』と心底思い込めるからなんですよ(*´Д`*)

逆に『何もできない』という期間が長く続く生徒は『自分は上達できない』というメンタルブロックが働くため、本当に上達することなく、最悪の場合はギター教室どころかギター自体を辞めてしまう場合もあります💦

それを防ぐためにも早めに成功体験させてあげることが重要になってきます〆(・∀・@)

全ての生徒を上達させれるわけではない!?

天才的な技術を持つ外科医であっても、オペで全ての命を救えるわけではなく、残念ながら助からない命もあります_:(´ཀ`」 ∠):

これはギター講師も同じで

全ての生徒を上達させれるわけではない

ということなんです(*´Д`*)

これは一定数『誰が教えたとしても上達しない』というタイプの生徒が存在するからで、このタイプの生徒のレッスンは心が折れそうになりますw

僕がギター講師をしていた時に実際このタイプ(以下超凡人タイプ)の生徒さんがいたんですが、その方は中年女性で、僕のレッスンを受ける前は某大手音楽教室で数年間レッスンを受けていたわけです。

初めてのレッスンの時に、その方のプレイを見た時は『今日初めてギターを触った』ぐらいのレベルだったので

僕はこの生徒を絶対に上達させたい💪🤩』

と気合を入れてレッスンを開始したわけですが...

驚くぐらい上達しなかったんですよw

2年以上、レッスンしたのですがワーコードすら押さえることができなかったのです(泣)

他の生徒さんは順調に上達したのですが、なぜかこの方は成長率0で、結局コロナの影響で会社自体が潰れてしまい、それっきりとなりましたw

Twitterでギター講師をやられているフォロワーさんにDMでこの話をしたところ、その方のレッスンしている生徒にも同じようなタイプがいると仰っていましたね👀

特に僕の生徒さんの場合はそもそも『自宅で明らかに練習していない』というのがあり、こればっかりはどうしようもないんですよw

いくら講師が一生懸命レッスンしたとしても、感覚を身につけるには生徒自身の努力が必要になるので、僕は『全ての生徒を上達させれるわけではない』と悟りました_:(´ཀ`」 ∠):

超凡人タイプの生徒がリピートしてくれた理由!

僕はこの超凡人タイプの生徒を1mmも上達させれなかったので、ギター講師の使命を果たせなかったわけです。

が!!!

この生徒は会社が潰れるまで、ずっとレッスンに通い続けてくれたので、リピートミッションは成功しているんですよ(ΦωΦ)フフフ・・

では

『どうやってリピートさせたのか?』

これについて話しますね!

僕はこの超凡人タイプの生徒には、他の生徒よりも”できてる・できてない”のジャッジを超〜甘くしたんですよw

つまり、プチ成功体験をさせたということです✅

例えば、ローコードCを押さえて、ストロークした際に綺麗には鳴ってない場合に、前回のレッスンよりも1本でも多く弦が綺麗に鳴っていたら『進歩しましたね!』『指をもう少し立てるともっと綺麗に鳴らせますよ💪🤩』

という風にw

もし、僕が心の声を全開にして

元ギター講師・SHIN
『汚ねぇ音出しんじゃね〜よ!!!ふざけてんのかこのクソババァ!!!』

などと言っていたら当然、リピートされませんが、ジャッジレベルを下げまくって、少しでも上達している感を出すことでプチ成功体験させた結果、リピートされたと思っていますw

スポンサーリンク

ギター初心者や下手な人の演奏をアナライズ(分析)せよ!

上達するために上手いギタリストのフィンガリング・ピッキングなどを研究したり分析したりしたことがあると思いますが、ギター講師になるならその逆も分析する必要があるんです(*´Д`*)

つまり

『ギター初心者やギターが下手な人の演奏を分析する』

ということです!

これにどんな意味があるの?

と思うかもしれませんが意味は大ありなんですよ(ΦωΦ)フフフ・・

なぜなら、初めてレッスンを受けに来た生徒のフィンガリング・ピッキングを見て瞬時に良くない点・改善すべき点を教えなければならないからで、この能力は『ギターが上手く弾ける』とはまた別のスキルと言えます✅

なので、普段からネットなどで初心者や演奏が上手くない人の演奏を観たり・聴いたりして、この人は

『何が原因で演奏が上手くいかないのか?』

というのを分析することで、このスキルを身につけることが可能です💡

このスキルを身につけると、音を聴いただけでピックの当て方なども分かるようになるので、ギター講師を目指すのであれば上手いギタリストだけでなく、下手なギタリストの演奏もアナライズすることをオススメします〆(・∀・@)

ココナラでギターを教えるメリットとは!?

画像:ココナラ公式サイト

ココナラはスキルを売り買いできるサービスで、ここでギター・レッスンを出品することができます♪( ´θ`)ノ

(僕も一時期、ココナラでギターを教えてました(ΦωΦ)フフフ・・)

通常の音楽スクールなどで、ギター講師として働くには実技・音楽理論などの試験に合格しないとなれません。

が!!!

ココナラであれば、そのような試験を受けることなく

『今すぐにでもギター講師デビューできる』

というのが1つ目のメリットですね💡

ギター講師になるのって、実は結構難しくて、採用率も低いんですよ(*´Д`*)

(僕が教えていた会社は採用率10%ぐらいでした)

しかしココナラの場合は登録してギターレッスンをサービスとして出品するだけなので、敷居が低いですし、今後、『音楽スクールのギター講師になりたい』という場合でも”ココナラでギターを教えていた”というのが実績になるので堂々と履歴書に書くことができちゃいます♪( ´θ`)ノ

ココナラは自分でサービスの金額を設定できる!



僕がギター講師していた時は1レッスンで1,200円ぐらいでしたが、ココナラは自分で出品サービスの価格を設定できるので、通常の音楽スクール・ギター教室で教えるより、ココナラで教えた方が稼げるということになりますw

例えばですが1レッスン5,000円に設定とかも出来るので、ココナラで多くのリピーターを得ることができれば安定して稼ぐことができるでしょう💪🤩

自分の得意なジャンル・レッスン方法で出品できる!

ココナラでギターレッスンする場合、自分の得意ジャンルや好きなレッスン方法で出品可能です!

なので、幅広いジャンルのプレイができなくても大丈夫ですし、『ギターの基本テクニックを教えます』『この曲のTAB譜を作成します』『速弾きのコツを伝授!』など、自由に出品可能なので通常のギター教室で教えるより負担は少ないですねw

対面レッスンに比べて気楽にできる!


通常の対面レッスンの場合は、すぐさま生徒の疑問・悩みを解決するための方法を教えないといけないので瞬発力が超必要で、また何より目の前で演奏するので誤魔化しが効かないのでプレッシャーもかかります。

が!!!

ココナラの場合は動画形式でレッスンできるのため、瞬発力もプレッシャーもなく気楽にレッスンできる上に稼げるので、利用しない手はありませんw

なので『ギター講師になりたい🥺』という夢を持っている方は今、この瞬間に夢を叶えてしまいましょう(ΦωΦ)フフフ・・

スキルマーケット『ココナラ』

関連記事

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
コード
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事