pickup
【ギター】ピックの当て方を変えるだけで音が劇的に変わる!?

今回は『ピックの当て方によってギターサウンドが大きく変わる』

をテーマに書いていきます🤩

ギターサウンドを変えたいなら

『エフェクターやアンプのセッティング変えれば良いんじゃない?』

と思いますよね?

ココで断言しておきましょう!!!

ピッキングこそが最高のエフェクターだとᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

この記事で紹介する方法は過去にも書いたことがあるのですが

重要なので何度でも書きますw

の方法でピッキングすることで

エフェクターやアンプのセッティングを変えたときの

威力が爆上がりするので必見
ですよ〜〆(・∀・@)

スポンサーリンク

ピックを深く当てることで音が太くなる!?

解説動画

ではまずこちらの動画でサウンドの違いを確認して貰いたいのですが

全然迫力が違いますよね!?

この動画はiPhoneの一発録りで使用ギター、

セッティング等全て同じ状態で

唯一違うのはピックを当てる深さだけ
です🤩

『ピッキングこそが最高のエフェクター』

と言った理由はこれですw

ピックの当て方一つで音が太くなり

非常に迫力のあるサウンドが出せるようになります💡

パワーコードを使ったシンプルなリフであっても

音が太いとそれだけでギターが上手く聴こえる
ので

ピックの当て方が重要なのが理解できたと思います〆(・∀・@)

ピックはどのくらい深く当てれば良いの?

先ほどの動画内ではこのぐらい深く当てています🤩

(ピンクのラインぐらい深く当てている)

ピックを深く当てることで

弦に当たるピックの面積が大きくなります


ピックの先を少しだけ当てた時に比べて

弦振動が大きくなるので音が太くなり結果的に迫力のあるサウンドになる

という感じですねᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

トロールくん
でもさ〜ピック深く当てると
弦に引っかかりやすくならない!?

SHIN
似合わず良い質問だw
当然、プレッシャーは高くなるよ🥶

トロールくん
じゃ〜解決策を教えてくれ💪🤩

SHIN
任せなさい🤩👌

スポンサーリンク

ピックを深く当ててスムーズにピッキングする方法!

ピックを深く当てると弦とピック間の摩擦が大きくなるので

当然、引っかかりやすくなります(
⊙_⊙')

引っかかりを改善するには

  • ピックの持ち方
  • ピッキングスピード
  • ピッキングスピードを上げるための動き

が超絶重要になってきます💡

それぞれ詳しく見ていきましょう〆(・∀・@)



ピックがパタパタ動くように軽く握る!

ピックを強く握ってしまうとこのように

パタパタと動かない
んです(⊙_⊙')

またその状態でピッキングしてしまうと

ピックが弦に引っかかってしまうので

このぐらいピックが動くように軽〜く握るようにしましょう✅

軽く握ってピックがパタパタ動く状態でピッキングすることを

『しなり弾き』と言います👀

しなり弾きではピックが弦にヒットする瞬間にピックがしなるので深く当てても引っかかりにくくなるというメリットがあります💡

ピックの持ち方やしなり弾きに関してもっと知りたい方は

こちらの記事に詳しく書いてます〆(・∀・@)

ピックが弦を通過するスピードを上げる!

ピックが弦を通過するスピードを最速で行うことで

ピックの引っかかりを回避することができます🤩

これはテンポやリズムに関係なく

常にピッキングスピードを最速で行う
ということです✅

テンポが遅くなると、テンポにつられて

ピッキングスピードも遅くなってしまいがち
です(⊙_⊙')

テンポやリズムに関係なく常に最速で振り抜くことを意識してピッキングすることでピックを深く当てた場合でも引っかからずに太い音を出すことが可能になりますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

ピッキングスピードを上げるための効果的な練習方法!

コードストロークの時って複数の弦を

ダウン・アップとストロークしますよね?

あの感じで6〜1弦を最速で振り下ろす(振り上げる)

の練習をまず行います


最初の段階では一本弦で練習するよりも

複数の弦で練習する方がスピードアップの練習はやり易い
と思います!

一本弦の場合はピンポイントでピッキングしないといけないので

振り抜くスピードを上げようとしても

他の弦に当たってしまうことを恐れて

狙ってピッキングしてしまう
んです(⊙_⊙')

そうなると撫でるようなか弱いピッキングになってしまうので

まずは振り抜くスピードUP&感覚を身につけるために

複数の弦を一気に振り抜く練習をするのが良い
でしょう🤩

次第に使用する弦を少なくしていき

最終的には1本弦で複数弦の時と同じように

最速でピッキングできるようにする(ピックが弦を通過するスピード)


という感じで練習すると効果的です〆(・∀・@)

ピッキングの瞬間にピックに力を加える!?



ピックを軽く持つ理由はピックがパタパタ動く状態の

しなり弾きでしたよね?

しか〜し!!!

もう一つ理由があるんです💡

それはピックに力を加える為なんですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

(力むとは別物です)

ピックが弦にヒットする瞬間に

親指と人差し指で一瞬『クッ』という感じで力を加える
ことで

ピックが弦を通過するスピードを上げることができます

(ピッキングをブーストさせる効果があると思って貰えればOK)

これはピックを軽く持った状態からじゃないと

ブースト効果は得られない
んです(⊙_⊙')

最初から力んでピックを持つと力を加えてもそれ以上の力が加わらないのでブースト効果はゼロなので軽く握る必要があるんです🤩

ココの部分はちょっと難しいかもなので

動画でも解説しちゃいましょう👇

このような感じでピックが弦に当たる瞬間に

『クッ』と力を入れることでダウンピッキングのスピードが上がり

ダウンピッキングが上手くいくようになります!


ダウンが上手くいけばアップピッキングも

スムーズにできるようになり

オルタネイトピッキングの精度も爆上がりする
ので

ブーストさせれるように練習してみてください〆(・∀・@)

MASTER 8 JAPAN ( マスターエイトジャパン ) / INFINIX-U JAZZ type with Hard Grip 1.20mm
極上のトーンを生み出す!

また僕が普段からゴリ押ししているマスター8のピックINFINIX-U 

太くて輪郭のある音が非常に出しやすくオススメなので

気になる方はぜひお試しください🤩

フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事