pickup
【ギター初心者必見】Fコードが超楽に押さえれる方法を伝授!
スポンサーリンク
SHIN
Fコードで挫折してしまい、ギターを辞めてしまうのは非常に勿体ないんですよね~💦

今回紹介する方法で練習すれば、必ずFコードは押さえれるようになりますのでお見逃しなく🤩

スポンサーリンク

Fコード(セーハー)は人差し指の側面で押さえる!?

Fコードを押さえる時(セーハー)する時は人差し指の側面で押さえるようにします🤩

指の側面は硬く弦を押さえる時に弦が浮きにくくなり

楽に弦を押さえることができる
ので

側面で押さえるように意識してみましょうᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

指の腹の方で押さえると

第一関節や第二関節の間に弦が当たってしまい

その結果『弦が浮いて音が綺麗に鳴らない原因
』になります(⊙_⊙')

人差し指のセーハーでもう1つのポイントは

フレットの近くで押さえる
ことです✅

フレットから離れすぎた場所で押さえてしまうと

軽い力で押さえれなくなり力みの原因になる
ので

フレットの近くでセーハーするようにしましょう〆(・∀・@)

スポンサーリンク

中指、薬指、小指はアーチの形にする!

人差し指は側面で寝かせるようにして押さえますが

中指、薬指、小指はアーチ状にして押さえます💡

中指、薬指、小指が寝てしまうと他の弦(鳴らすべき弦)に触れてしまい音が鳴らなくなるので、アーチ状にして押さえるように意識しましょう🤩

スポンサーリンク

Fコードを軽い力で押さえるには親指が重要!?

Fコードを軽い力で押さえる為には親指が超重要

親指以外の人差し指、中指、薬指、小指だけで押さえるようとすると

特に初心者の場合は薬指や小指が上手くコントロールできない為に...

  • 弦が上手く押さえられない
  • 指が弦から離れてしまう
  • 音が鳴らないので力一杯押さえようとする

などの症状に陥ってしまいます。

その問題を解決するには

人差し指、中指、薬指、小指と親指でネックを挟むようにして押さえる

これがFコード攻略の鍵となります🤩

ここでポイントとなるのは

全ての指が均等の力で挟むイメージを持つこと
なのですが

人差し指と親指だけで挟むようにすると

他の指での押弦(弦を押さえること)が遅れてしまい

瞬時に全ての弦を押さえて綺麗に音を出すことが難しくなる
ので

人差し指、中指、薬指、小指のセットと親指でネックを挟むようにして押さえてみて下さい🤩

こうすることで

全ての指が均等のタイミングで押弦できて

さらに最小限の力で弦を押さえることが可能に
なりますᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

最小限の力で押さえれるので

疲れずにコードプレイを行うことができる

というメリットも
あります☝️

Fコードが押さえれない場合

ある特定の指にだけ力が入り過ぎていて

上手く押さえられない場合が多々ある
ので

全ての指で均等に押さえるという意識は

マジで重要
ですよ〆(・∀・@)

Fコードは難しいというメンタルブロックをなくそう!

僕がこれまでレッスンした生徒さんの中での話ですが

初めてギターを触ったのにも関わらず

このようなコツや身体の使い方を教えただけで

簡単に押さえれるようになる人
もいますし

何年かギターをやっていても

思うように押さえれない方もいます(⊙_⊙')

それぞれ同じように教えているのですが

後者の方はなかなかFの壁を壊せない場合があります👀

この原因の1つにメンタルブロックがあります。

何年間もFコードが弾けないという状況が

『Fコードは難しい』『Fコードは自分には弾けない』

というメンタルブロックで弾けないということがあると思っています。

初めてギターを触る人は

Fコードが”難しい”とかFで”挫折”したことがないので

メンタルブロックが当然ないですよね?

なのでFコードを難攻不落の要塞みたいな感じで練習するのではなくw

『絶対に出来る!』

と思って練習することが

Fコードが弾けるようになる最大のコツ

なのかもしれません🤩

潜在意識の観点からも出来るイメージを持つ事が大切になってくるので 

出来る!やれる!弾ける!

の精神で練習して下さい〆(・∀・@)

F攻略のポイント!

  • 人差し指の側面でセーハーする!

  • 指、薬指、小指はアーチ状にする!

  • 人差し指、中指、薬指、小指(セットで)と親指でネックを挟む様にして押さえる!

  • Fコードは難しい、出来ないというメンタルブロックをなくす!



フィンガリング関連記事
ピッキング関連記事
ロックギター奏法
スポンサーリンク
BIAS FX2 Professional

手で触れられるかのように生々しい、アンプ/エフェクト・モデリングを実現するギター/ベース・ソフトウェア、BIAS FX 。他のBIASシリーズで作成した多彩なモデルを統合可能なプラットフォーム、世界中のプレイヤーにより数千ものトーンにアクセスできるToneCloud、現実のアンプを取り込むAmpMatchテクノロジーにより、BIAS FXは他に類を見ない、ギターソフトウェアの未来を歩んできました。すでにオンリーワンであるこのプラットフォームに、アップデートされたBIAS FX 2はさらに新しい4つの変革をもたらします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事