記事一覧
【ライブ配信】アーティストの新たなプラットフォーム『MUSER(ミューザー)』を紹介!
スポンサーリンク

コロナ禍の影響でアーティストやバンドのライブもかつてのように行うことが難しくなっています(⊙_⊙')

しかし多くのアーティスト・バンドはコロナ禍でも”音楽を届けたい”という想いに駆られていると思います。(以下アーティスト)

そんな情熱を持ったアーティストにぜひ利用して貰いたいサービスがあるのです🤩

それはライブ配信サービスを提供する『MUSER』

MUSERはライブ配信をサポートするアーティストのためのプラットフォームで現在約300組のアーティストがMUSERを利用しています

この記事ではMUSERが『アーティストにとってどのようなメリットがあり、どのようなサービスなのか?』について紹介していきますよ〜〆(・∀・@)

スポンサーリンク

MUSERなら高い収益性を実現! 

MUSERでのライブ配信は有料チケットを設定することで収益化が可能になります✅

アーティスト活動をしていく上で収益は非常に重要ですしモチベーションもアゲアゲ⤴️になりますよねw

YELL (エール)をファンから送って貰うことで収益化できる

また有料チケットとは別に『ファン特典付き投げ銭(特許出願済)』がありこの投げ銭システムがあるのはMUSERだけで他のサービスにはないシステムです!

そしてこの『ファン特典付き投げ銭』というMUSER独自の仕組みによって平均投げ銭立は脅威の50%以上と非常に高い収益化力となっています✅

投げ銭によってチケット収入以外の収入を生み出すことが可能になるので他のサービスと比べて高い収益性を実現できるというわけですね〆(・∀・@)

スポンサーリンク

MUSERには専属の配信サポートチームがある!?

MUSERでは専属の配信サポートチームがあり配信機材やノウハウ、配信システムなどあらゆることを完全サポートしてくれます!


そしてサポートの費用ですがこれはMUSERの利用料に含まれるので別料金を支払う必要はナッシングですᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

ライブ配信のコストを大幅に下げることができるのでココも非常に魅力的ですよね!

スポンサーリンク

アーティスト専用チャンネルを持てる!?

配信者は専用のチャンネルを持つことができ、チャンネルから配信することで多くのファンを獲得するチャンスになります💡

様々な戦略を立ててチャンネル運用することでチャンネル登録者を増やすことできます。

そして多くのファンを獲得することでそっくりそのまま収益につながるので配信同様にチャンネルを育てることにも注力すべきでしょうね〆(・∀・@)

MUSERで配信・報酬受け取りまでの流れ!

それではMUSERでライブ配信する流れを見ていきましょう🤩

STEP1 申し込み/問い合わせ

公式サイト”CONTACT”から申し込み/問い合わせを行います✅

資料請求だけでもOKなので興味がある方は資料請求だけでもされてみて下さい〆(・∀・@)

(公式サイトのリンクは記事の最後に貼っておきます

STEP2 打ち合わせ

後日、担当者から連絡があります💡

公演概要や配信サポートあり・なしなどの希望を担当者に伝えましょう

STEP3 チケット販売

希望する日時にMUSER上でチケット販売をスタートします

申し込みからチケット販売まで最短2日で実施可能!)

STEP4 テスト配信

本番会場と連携し、通信環境チェックを事前に行います。

テスト配信はMUSERと会場サイドで行うので配信者は立ち会う必要はありません💡

STEP5 本番配信

MUSERのサポートチームが配信者と共に最高のライブを作り上げてくれます!

STEP6 報酬受け取り

売上報告を行い、ライブ月の翌月末に報酬が支払われます


これが申し込み〜本番配信・報酬受け取りまでの流れとなります。

MUSERでの配信は大手レーベルや音楽事務所に所属していなくてもOKで世の中に自分(自分たち)の音楽を届けたいという全てのアーティストが利用できます🤩

繰り返しになりますがMUSERでの配信では他サービスに比べて高い収益性が期待できるのでぜひチャレンジしてみてください〆(・∀・@)

新サイト『コロナッシングラボ』

現在僕の彼女はコロナウイルス感染の疑いで自宅療養中です。
コロナウイルスの症状や、日常生活でどのような苦労があるのか?
について発信する為のサイトです!
その他のウイルスやウイルス対策についても書いていきますので
よろしくお願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事