記事一覧
スポンサーリンク

Positive Gridは最近ずっとセールをしていて、

つい最近ですがBIAS FX2をポチりましたw

前回紹介した、BIAS AMP2とBIAS FX2を連携させて使うのが良いなと思い導入しましたが、

連携させる事でBIAS AMP2でカスタマイズしたアンプが

さらに自分好みのサウンドになって大満足してます
ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

BIAS FX2には様々な機能がありますが、

今回は『GUITAR MATCH』の機能について書いていきます!

『GUITAR MATCH』とは?

音楽制作であったり、弾いてみた動画で演奏する場合に、

この曲はハムバッカーのギターじゃなくて本当はストラトの方が良いんだけど...

と思ってもストラトを所持してない為に、

雰囲気やサウンドが違うと思っていても妥協してしまう事がありますw

そのような悩みをGITAR MATCHが解決してくれるのです!

自分のギターが、レスポール、ストラト、テレキャスター、メタルギター、etc,,,

に変身させる事ができる機能が、GUITAR MATCHです
ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗ

これ、めちゃくちゃ便利な機能で、レコーディングの時とかにギターを

いちいち変えなくても1本で様々なジャンルの曲にあったギターを入れる事が出来るようになりますね!

それではGUITAR MATCHの使い方を簡単に説明していきます〆(・∀・@)

スポンサーリンク

GUITAR MATCHの使い方

まずアンプの下にあるギターのマークを、クリックします。

Nicknameには分かりやすい名前で、ギター1とかなんでも良いと思います。

Body Shapeは自分のギターに近い形と仕様を選びます。
(僕のギターは、ハム、シングル、ハムなので、HSH typeを選びました)

選び終えたら、右下のASSIGN PICKUPSをクリックします。

ここでは、自分のギターのピックアップをチョイスします。

もし、リアのみのワンハムのギターなら、Middle PickupとNeck PickupはNoneにする。

センターがない場合は、Middle PickupをNoneにする。

選択したら、NEXTをクリックします。

Pickup Selectの画面です。

ここでは、リア、センター、フロントのピックアップのいずれかをチョイスするのですが、

ここではリアを選択しました!
(多分リアだけで音は十分変わるような気がしますw)

選択したら、NEXTをクリックします🤩

この画面が出て来るので、ここで単音フレーズをしばらく弾きます。
(コードはダメみたいです)

そして白玉(全音符とかでは解析され辛い感じがしたので、適度なスピードで弾いた方が良いと思います!

ギターを弾くとMeauring...と表示されます。

解析には多少時間がかかります(⊙_⊙')

解析が無事終了すると、Compieteと表示されるので、NEXTをクリックします。

そしてここからがギターの初心者には少し難しいかもと思った所なんですが、

まず最初に0 Fretと表示されているので、ここで6弦から順にアルペジオで開放弦を鳴らします。

矢印の所には6th、5th、4th、3rd、2nd、1stと書かれています。

これは弦に対応していて、解析が成功したら白く光ります。

そして、間が空き過ぎると解析は失敗となりまた最初から(6弦から)

やり直しになりますので注意して下さい
💦

開放弦で6弦〜1弦までの解析が終わると次は2フレットをセーハした状態で同じようにアルペジオで鳴ら

していくのですが、ここが初心者には難しいかもしれません💦

この後、4フレット、6フレット、8フレット、10フレット、12フレットを同じように、

セーハでアルペジオで鳴らして行きます!

12フレットが終わると、Successと表示されて全ての解析が終了した事になるので、

右下のTO GUITAR MATCHをクリックします!
(慣れれば、数分で出来ると思います)

ここから試してみたいギターを選んでみましょう🤩

(BIAS FX2にはStandard、Professional、Eliteのグレードがあり、

StandardでGUITER MATCHIで使用できるギターは2種類、Professionalが6種類、Eliteが18種類使用可能です。)


サウンドハウスで見る

サウンドの比較

それではここからは、どのようにサウンドが変化するのかを聴いて頂きます🤘

まずは、GUITAR MATCHを使用せずに、弾いたサウンドがこちらです!

このようにギターを変えないでも瞬時に、欲しいギターの音を再現する事が出来ます🤩

この機能は本当に素晴らしいと思います!

今回はBIAS FX2のGUITAR MATCHの機能を中心に書きましたが、

BIAS FX2にはまだまだ使える機能がありますのでまた今度、違う角度で記事を書きたいと思います〆(・∀・@)

サウンドハウスで見る

サウンドハウスで見る

レビュー記事一覧

スポンサーリンク
新サイト『コロナッシングラボ』

現在僕の彼女はコロナウイルス感染の疑いで自宅療養中です。
コロナウイルスの症状や、日常生活でどのような苦労があるのか?
について発信する為のサイトです!
その他のウイルスやウイルス対策についても書いていきますので
よろしくお願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事