記事一覧
スポンサーリンク

MIDIリージョンを作成する!

リージョンとはDAW上で音を打ち込んだりレコーディングする為の箱のようなモノ

音楽製作の時はこのリージョンを組み合わせて1つの楽曲を仕上げていきます👀

トラック内で右クリックします。

すると『MIDIリージョンを作成』というのがあるので選択します。

下にあるパターンリージョンは最近追加された機能でこれについては

別記事の方で書いてますのでそちらをご覧頂くと良いと思うので

記事の最後の方で貼っておきます🤩

そうするとこのようにMIDIリージョンが作成されます。

作成した時点ではまだ何も入ってない空の状態です!

これから録音したり、打ち込んだりすることでリージョンのデータが再生できるように

なります🤩

打ち込みは『ステップ入力』という方法で行います。

このステップ入力を行うことで、 鍵盤楽器が弾けなくても鍵盤楽器のパートを作成する事ができます🤩

スポンサーリンク

ステップ入力のやり方!

MIDIリージョンをダブルクリックします。

そうすると画面の下にこのようなエリアが表示されます。

リージョンの内部に入り込んだという感じですね!

このリージョンの内部でステップ入力をする事でリージョン内に音がデータ化されて

再生されるようになるという感じです💡

リージョンの内部にもツールが用意されています。

デフォルトではポインターツールと鉛筆ツールになっています。

鉛筆ツールを使って、ステップ入力を行います🤩

(デフォルトの場合はcommandキーを押すと鉛筆ツールになる)

音程は左にある、ピアノロールとリンクしています。

1音入力してみました(打ち込まれた緑色の部分をノートと呼びます。)

この場合だとC3(ド)が入力された事になります。

そしてデフォルトでは1マスが16分になっています。

1マスのリズムを変えたい場合もあると思います👀

その場合は...

拍子とキー変更する部分の右側をクリックします。

この画面が出てくるので、カスタムを選びます👀

/16になっている所を変更すると1マスのリズムの長さが変えれます🤩

ノートの選択とコピーのやり方!

ノートをクリックすると特定のノートが選択できます。

選択されたノートは色が変化します💡

この状態でバックスペースキーを押すとノートが消えます。

間違えて消した場合は『command+Z』で復活します🤩

この操作はLogicで頻繁に使うと思うので覚えておくと良いでしょう👀

あとノートをクリックすると音程も確認できます。

複数のノートを選択する場合

shiftキーを押しながらノートをクリックすると複数のノートを選べます👀

ノートのコピーのやり方!

ノートのコピーのやり方はいくつかあります🌝

optionを押した状態で、コピーしたいノートを選択して移動させるやり方と

ノートを選択して『command+C』でコピー『command+V』で貼り付け(これはMacの基本コマンドですね)

これでコピーが可能になります。

MIDI入力でステップ入力する!

MIDIキーボードがあればMIDIキーボードでステップ入力することもできます👀

赤のボタンがMIDI入力ボタン(画像はオンの状態)です。

MIDI入力ボタンをオンにするとMIDIキーボードでステップ入力ができます。

再生とループ再生!

ステップ入力すると再生することが可能になります🎶

再生ボタンをポチるとステップ入力のデータが再生されます🤘

ループ再生のやり方!

ステップ入力をしたものの1小節分しか入力してないからすぐに終わってしまう...

しかしループ再生させればモーマンタイw

ループ再生のやり方ですが...

リージョンの右上辺りをポインターツールで触るとポインターツールが変化するので

変化したら、ループさせたい位置までリージョンを引っ張ります。


そうするとループさせる事ができます。

因みにですが、リージョンの右下の部分で引っ張るとループではなく、

リージョンの長さのみが変わります。

サイクル範囲を決めて部分的に再生させる

サイクル範囲を決めると、その範囲内のみを繰り返し再生させる事ができます。

矢印の辺りをクリックします。(現在はグレーになっている部分)

すると黄色いバーが表示されます!

このバーの部分だけが連続的に再生されます🤩

部分的に繰り返し聴きたい場合はこのサイクルを使うと便利です!

こちらのサイクルボタンを押すことでも黄色のバーを表示させる事が可能です🤩

Logic ProXを勉強するのに役立つ本を紹介!

こちらの『MASTER OF Logic Pro X』は多少古いバージョンですがLogicの使い方を

完全網羅しています🤩

この本で勉強すれば短期間でLogicが使いこなせるようになります!

僕はこの本で1ヶ月ぐらいガッツリ勉強して2ヶ月後には曲を完成させて

各配信サイトから曲をリリースできたので保証しますw

かなりのボリューム(広辞苑みたいw)ですが分からない時などにすぐに調べる事ができますし

1冊持っていると理解度が全然変わるので、非常にオススメの攻略本だと思います💡

最後に

今回はここまでにしておきましょう🤩

最初にも書きましたがLogic ProXは多機能なので

本当に基本的な部分をピックアップして書いてますw

次回は今回の続きで録音の方法やApple Loopsの使い方などを中心に書いていきたいと思います!

比較的近い内にパート2を書こうと思ってますのでしばしお待ちください!w

それではまた✍️

新サイト『コロナッシングラボ』

現在僕の彼女はコロナウイルス感染の疑いで自宅療養中です。
コロナウイルスの症状や、日常生活でどのような苦労があるのか?
について発信する為のサイトです!
その他のウイルスやウイルス対策についても書いていきますので
よろしくお願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事